一度では終わらない

ケノンを始めとしたIPL系のフラッシュ脱毛器、
そしてミュゼや脱毛ラボなどで使っている脱毛器、
どちらも医療用免許なしで使える最大レベルの脱毛法です。

 

(※)厳密には針脱毛という超絶痛い脱毛方法を使えば
(あくどい勧誘で有名なエステでは今も残っているらしい)
個々の毛に対してはより高いダメージを与えられますが
痛い上にレーザー脱毛よりも高額なので、今では廃れています。

 

その反省を踏まえてヒットしたのが照射時間も手間も短く
かつ家庭でもエステレベルの脱毛性能を実現したIPLですから、
それと引き換えにある程度継続して続けなくてはいけません。

 

 

基本的に光脱毛の場合毛がするっと抜ける→また生えてくる
を繰り返すわけですが、これは永久脱毛していないわけではありません。
そのメカニズムを解明するカギは「毛周期」にあります。

 

実は体の表面に出ている毛は、せいぜい1/3程度。
残りの2/3は、今生えている1/3を脱毛してから
ある程度待って表に出てくるのを待つしかありません。

 

その期間は部位によってかなり違います
さらに年齢や季節、右半身と左半身でも違います。
だからエステが言うように「2ヶ月」とか断言しづらいです。

 

基本的には2ヶ月程度ですが、部位によってはこれよりも遅いので、
家庭用脱毛器を使う場合十分に毛が生えそろったと思ったら
その部位には期間を気にせず再度照射していいと思います。

 

結果的に全身脱毛が完了するにはだいたい2年程かかるようです。
そのときまでエステに通い続けるのはたとえ定額制といえど
かなりの出費になりますから、長く使うほど家庭用脱毛器の方が
コスパが優れてくるように思います。