これ以上進化する余地はあるの?

ケノンについて簡潔に述べますと、冒頭で紹介した
脱毛器として理想的な機能をほぼ搭載した脱毛器の完成形です。

 

具体的にはエステと同レベルの出力で毛を焼き
(エステの機械との違いは冷却機能ぐらいらしい。
エステでは短時間で多くの人に施術するので
高度な冷却機能が必要だが、その分機械が大型になる。)
それでいて肌を傷めない、美顔機能まで付いているといいコトずくめ。
もはや人に施術してもらうか、自分でやるかの違いしかないですね。

 

 

そして特筆すべきはそのコスパの良さ
ケノンは、ワンショットあたりのコストが0.15円と言われます。
全身脱毛に使った場合、一回あたりのコストは約1000円ほどに。

 

エステは体験は別として、低価格と言われる脱毛ラボなどの
全身定額制エステであっても毎月約1万かかってしまいます。
しかも厳密な意味では「全身くまなく」ではありません。

 

となれば、エステの高級感、リラックスできる雰囲気などを
目当てにエステ通いするというのでなければ、
機械の性能が同等である以上、エステに行く必要は皆無です。

 

ミュゼなどの人気エステはとにかく予約が取りづらく
一部エステでは勧誘など脱毛以外のストレスもありますので、
ケノンがあれだけの人気があるのも納得です。

 

(※)決して僻地に住んでいるからエステ通いができない、
っていうヒガミではないですよ(^^ゞ

 

脱毛器